ADMIN TITLE LIST
Recent entries
2010/01/02 (Sat) Cirque du soleil ZED
2009/12/06 (Sun) Disney Sea
2009/11/30 (Mon) 新しいカメラ
2009/11/25 (Wed) 羽田空港
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日浜松に行って参りました。
その時の小太郎の様子はコチラ

自分にとって、浜松に訪れる最大の楽しみといったら・・・
やっぱりウナギなのです(笑)

今回は姉の新居からすぐそばにある、ウナギ屋さんを訪れました☆

うなぎの村こし

ウナギをイメージした文字がおしゃれなお店に来ましたよ。
最初は絶対にうな丼にしようと考えていたのですが、横浜でもおいしいうな丼屋さんはあるので、
お店のおすすめ『うなぎとろろ茶漬』にしてみました。

うなぎとろろ茶漬

4通りの食べ方が楽しめる、欲張りなセットです☆

1.普通にうな丼風に
2.だし汁をかけてひつまぶし風に
3.とろろだけをかけてうなとろ丼に
4.だし汁ととろろをかけてうなとろ茶漬けに

うなぎとろろ茶漬

ご飯を大盛りにしてもらったら、うなぎがあふれんばかりにはみ出して最高です☆
うなぎもつやっつや。

うなぎとろろ茶漬

本当においしくいただいちゃいました。
どの食べ方もおいしかったのですが、今まで食べたことのなかったうなとろ茶漬けが
想像以上においしく、次また行ったら食べること請け合いなのです。

と、浜松をたっぷり堪能してしまいました(笑)

そういえば、夜ご飯を食べたお店がとってもおいしくて、安かったのです☆
ファミレス?というような風貌で、値段もとても安い店なのですが、そこのハンバーグが
とってもおいしかったのです。
どうやら静岡ではとっても有名なお店らしいのですが、その名も「さわやか」。

げんこつハンバーグというのが有名で、大きめの中身が赤いハンバーグが運ばれてきて、
目の前で半分にして鉄板でじゅーっと焼いてくれます。
あらびきの、スパイシーでとってもおいしいハンバーグに大感動☆

すぐに食らいついてしまったため、写真に収めるのを忘れてしまいました(笑)
こちらも、また静岡を訪れたらぜひとも行きたいお店です☆

静岡の「さわやか」

スポンサーサイト
テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記
2009年の終わりに、自分の大好きなショーを見てきました。
それがこちらの専用シアターで開催されるシルク・ドゥ・ソレイユのZEDです。

シルク・ドゥ・ソレイユは世界中で様々なパフォーマンスを公演している集団で、
とにかく人間業とは思えない、神業と思えるほどのアクロバットを見ることができます。

Cirque du soleil ZED

2008年の後半に、シルク・ドゥ・ソレイユ日本初の常設シアターとしてオープンし、
それ以来、既に何度か見ているZEDのショー。
大好きなシルク・ドゥ・ソレイユをいつでも見られるので、一ファンとしては最高です。

そもそもシルク・ドゥ・ソレイユにはまったのは、1992年に彼らが初めて来日したショー
「ファシナシオン」を見たことにさかのぼります。
もう18年も前のことですが、ファシナシオンを見てからとりこになってしまいました。

それ以来、来日公演が来るたびに大興奮してきたのですが、ついに常設シアターができた
ことで、その興奮もさらにアップしてしまいます。

Cirque du soleil ZED

今回は、初めて最前列で鑑賞したのですが、アーティストたちの表情や汗までも見ることが
できるほどに近く、自分がショーの一部に入っているかのような感覚になりました。
全体を見るには、最前列は全くおすすめできませんが、とにかく臨場感を味わいたい方には
断然おすすめです。
カーテンコールでは、出演者と握手したりハイファイブができたりとそんな特典も。

ただ、フライングトラピスという演目だけは、セットの関係で最前列だと半分見えず・・・
なんでこんなセットにしてしまったの?と疑問に思うほどに残念です。

Cirque du soleil ZED

それでも、鳥肌の立つような衝撃のオープニングから世界に入り込んで、
フィナーレまでシルク・ドゥ・ソレイユの世界にどっぷりとつかることができます。

今月の末に、1人旅でラスベガスに行くのですが、その目的の一つがシルク・ドゥ・ソレイユの
鑑賞です。以前、ラスベガスの『o』というショーを見たのですが、その時にはその一つしか
見ることができなかったので、今回は全制覇をしてきます。
ラスベガスでは7つのシルク・ドゥ・ソレイユのショーがあるので今からワクワクです。

旅行までにあと2回、コルテオを見る予定もあるため、月末の旅行までにさらにシルク気分を
盛り上げたいと思います。

Cirque du soleil ZED

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記
昨日の休み、小太郎を両親に押しつけて、ディズニーシーに行ってきました。
別にキャラクターが好きというわけではないのですが、小さい頃からディズニーランドは
大好きで、ディズニーシーができてからはもっと好きになりました。

ディズニーシーのミッキー

どちらかというと、シーの方が好きです。
キャラクターキャラクターしていなく、ちょっぴり落ち着いた雰囲気が大好きです。

ディズニーシーの風景

『シー』というだけあって、こんな風景がいたるところに。
ディズニーシーは遊園地に来ているというよりも、外国に来たような気分になります。
それが大好きです。

アトラクションに乗るのも楽しいですが、この風景を楽しむのがとても好きです。
なので、写真を撮るのに夢中になってしまいます。

タワーオブテラーの外観

建築物のクオリティの高さは、遊園地にいるということを忘れさせてくれます。
この画像だけを知らずに見たら、ヨーロッパのお城のような雰囲気です。
これはタワーオブテラーという直下型のアトラクション。
ホテルのエレベーターが最上階から真下に落ちるというアトラクションなのですが、
これが大好きです☆

絶叫系アトラクションが大好きなのですが、その中でも真下に落下が一番好きです☆

ディズニーシーの街並み

クリスマス直前なので、シーの中もクリスマス一色に。
ランドよりも落ち着いた飾り付けなのが、また嬉しい限り。
ヨーロッパには行ったことがないのですが、きっとヨーロッパの街並みはこんなだろうと思うと、
いつかヨーロッパにも行ってみたいなぁと。

でも、ヨーロッパは年を取ってから行きたいと思っているので、だいぶ先のことになりそうです。

ビッグバンドビートの外観

シーには何度も行っているのですが、今回初めて行ったものがあります。
それが『BIG BEAT BAND』というショーです。

行く前に知り合いから、すごいショーをやってるよ~と聞かされていたので、今回は絶対に
見ようと意気込んで行きました。すると入口で抽選式であることを聞かされ、この抽選には
30分の列ができていました。どうやらとっても人気のショーのようです。
抽選の結果、夜の前から4列目の席をゲット☆

ひどい時には、このショーの抽選に1時間以上も並ぶこともあるとか。
それだけに期待もいっぱい。夜まではアトラクションを楽しむことに。

謎のダッフィー

そういえば、道行く人を見ていると、かなりの確率でこのクマのぬいぐるみを抱いている
人がおりました。小さいものから、中には子供一人分くらいの大きさのを抱いている人まで
人それぞれでしたが、ビックリするほど多いのです。

気になって調べると、ミッキーマウスが大切にしているテディベアで、ダッフィーという
名前だということ。別に持っているからといって特別扱いを受けるわけではなく、
かわいいから持っているようでした。

昔は見かけなかったので、ここ最近のはやりなのかもしれません。

と、ショーではないのですが、車に乗ったキャラクターが突然現れて、衝撃の映像が。

プルートにかみつくグーフィー

プルートにかみつくグーフィー・・・。
そういえば、グーフィーって何の動物だろうと調べると、犬なのですね~
プルートとの違いは擬人化されているところだとか。

話は全然変わりますが、インディージョーンズの近くに、こんな場所があります。

水の中の火

なぜ火が消えないのか不思議でたまりません。。。
ただ、たいした疑問ではないので、また話を変えます(笑)

ちょうどこの日は、午後から雨が90%の確率という残念な日だったのです。
夕方まではなんとか曇りでもっていたのですが、さすがに天気予報がはずれることはなく、
夕方から結構な雨が降り始めてしまいました。

ので、途中でいったんイクスピアリに避難することに。
乗り物に乗っていても良かったのですが、結構な寒さで外で待てる状態ではありませんでした。

ディズニーリゾートの電車

ディズニーシーからはイクスピアリまでは、敷地内を結ぶ電車で移動するのですが、
その電車内はミッキーだらけです。窓も、つり革もミッキーの形です。
ディズニーリゾートは、細部にまでこだわりがしっかりあって、テーマもぶれないから
いつまでも人気なのだなぁと改めて実感。

イクスピアリではのんびりご飯を食べただけ。
こちらもクリスマス一色になっていて、ご飯を食べている間にすっかり夜になったのですが、
ツリーがとってもきれいでした。

イクスピアリのクリスマスツリー

すっかり夜になり、昼間に予約したショーの時間も近づいていたので、再びシーに戻ります。
シーも夜景がきれいで、どこもかしこも絵になるような風景。
大雨の中、傘をさしつつ、一眼レフの長いシャッター時間をブレずに耐えるというのは、
かなり至難の業でした。今回は余計な荷物になるので三脚はお留守番でした。

タワーオブテラーの夜の外観

タワーオブテラーは、絶叫系アトラクションだけあって、夜はあやしげな雰囲気に。
シーの中でも、ひときわ異彩を放つ建物だと思います。

ビッグバンドビートの建物も、すっかり美しいライトアップに。

ビッグバンドビートの夜の外観

やっぱり夜の方が、ワクワク感がいっぱいになります。
そんなワクワク感のまま、予約していた時間になったので建物の中に突入!

知り合いの話を聞いて期待はしていたものの、アトラクションの一つ位に思っていたので、
きっとキャラクターのダンスショーだろうと思っていたのですが、会場に入ってみると
想像した以上の舞台にビックリ☆

BIG BAND BEATの舞台

とても大きな広い舞台、ゆったりとした座席。
10月に劇団四季のライオンキングを観に行ったのですが、それよりも広い舞台と客席に
かなりビックリしてしまいました。

ショーは、歌とダンス、タップ、生演奏と、かなりしっかりと満足できる内容。
30分という短い時間ですが、シーのパスポート代で見られるショーなのでオススメです☆
ちょうどクリスマスシーズンなので、クリスマスソングが多くて雰囲気ばっちりでした。

外に出ると雨も上がり、すっかりと人も減って、とっても美しい風景が。

シーの夜景

ベネチアのような風景。
昼間はこの川を、ゴンドラが通り過ぎ、日本とは思えません。

シーの夜景

こちらはまるで、カリブの海賊をそのまま再現したような雰囲気に。
ボーっとしていたら、大砲で撃たれそうな雰囲気が満載です。

シーの夜景

シーの象徴でもある火山は、火も噴きます。
この時は湯気?煙り?が出ているだけでした。

この異色な風景が一番のお気に入りです。
そのうち、写真を撮るためだけに行っても良いなぁ!と思う楽しい場所です。
遊びのついでだと、一緒に行った人を写真待ちにさせてしまうことが多いので・・・(笑)

とにかく朝から晩まで遊びつくした一日になりました。
結局この日だけで30,000歩ほど歩きました。遊園地は案外健康的みたいです☆

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記
新しいカメラを購入してしまいました。
一眼レフと共にサブで使おうと、今回はコンパクトデジカメに決めました☆

コンパクトデジカメの中で比較されている人に言わせると、重い・・・ということですが、
常に一眼レフを持ち歩いていた自分からすると、なんて軽いのだろう!!と、感動。

すっかり今までの重さに、さらにプラスされることを忘れて大喜びしております。
お散歩の時は、こちらのカメラだけにしようかとも考え中。

カメラ

1cmまで接写ができるので、また写真を撮るのが楽しくなりそうです。
いつまでも腕が上がらないという話は、いったんどこかに捨てておきます。

カメラ

このゴツゴツ感に大満足なのです。

今日は、小太郎の散歩を早々に済ませて、すっかり電気屋さん巡りをしてしまいました。
家電大好きっ子の自分としては、電気屋さんは魔の誘惑スポットです。
常に新製品であふれかえっていて、買う気が少なくても、店に入ってしまうだけで
買う気満々にさせられてしまいます。

なので、当分、出入り禁止令を自分に出したいと思います(笑)

カメラ

決め手は、接写の最短距離と液晶画面が自在に変えられる点。
ローアングルも、ハイアングルも、これで無理なく撮影できそうです☆

お外で小太郎を撮影している自分の姿は、本当にただの変な人でしたから。。。
道路に寝そべったり、夢中になると人の目も気にしなくなってしまうので・・・。

来年の海外一人旅でも、大いに力を発揮してくれそうです。
これで三脚を使わずに、気軽に自分撮り(やっぱり周りから見たら変な人です。)が
できちゃいそうです(笑)

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記
昨日までの3連休、小太郎と二人ぽっちで過ごしていました。
というのも、両親が岡山にいる姉のところに2泊3日のプチ旅行に出ており、
小太郎と2人でお留守番をしていたからです。

20日に、甥っ子の隼右が無事に1歳になったため、そのお祝いでした。
おっちゃんの自分は、プレゼントを送りつけて終わりにしてしまいました(笑)

昨日は、天気が良かったので小太郎と一緒に東扇島のドッグランへ。
小太郎のドッグランといえば、乗り気な時と、そうでない時の落差が激しいのですが、
昨日はとっても嬉しかったようで、楽しそうに走り回ってました。

と、東扇島から羽田空港は目と鼻の先なので、サプライズで両親を空港までお迎えに行くことに。
とにかくビックリする顔が見たかったので、一切知らせずに待ち伏せです。

羽田空港

3連休の最終日なので、到着ロビーも出発ロビーも、それはすごい人、人、人。
うっかりすれ違いになっては意味がないので、早めに到着するようにしたのですが、
かなり早く着いてしまったので、展望デッキで飛行機の離着陸でも見ることに。

展望デッキに上がると、そこはまたすごい人だかり。
すんごいレンズをつけたカメラを持った人がたくさんいて、むしろその画に衝撃でした(笑)

飛行機

飛行機を間近に見られるので、取り立てて飛行機に興味のない自分も大興奮☆
小太郎は特に興味を示すでもなく、出発する飛行機の轟音にビックリすることもなく、
それは静かにしておりました。

しばらく様子を眺めていて思ったのですが、飛行機ってかなり頻繁に離着陸しているものなの
だなぁと。自分にとって飛行機は、非日常というイメージがとても強いので、少しビックリ。
だいたい海外旅行に行く時くらいしか乗らない飛行機なので、見ているだけでワクワク☆

展望デッキのフェンスには、カメラ小僧用にこんなお気遣いが!

カメラ小僧穴

カメラのレンズを通せるように、ちょっと大きめに穴があいているところがいたるところに。
ここからみんなレンズを通して撮影している姿は、なんだか滑稽に見えました(笑)

飛行機って、なんであんな重いものを飛ばそうと思ったのでしょうか・・・。
最初に設計をした人は本当にすごいと思います。
あんな巨体を飛ばすためのエンジンも、それはとっても大きいものですが、機体に比べると
とても頼りない大きさに見えてしまいますし。。。

エンジン

と、そんなことを考えていると案外時間が経つのはあっという間。
その後、無事にロビーで両親を出迎え、予想以上のビックリ顔と、喜ぶ顔、そして突然の再会
に大興奮する小太郎を見られて大満足の自分。

久しぶりの空港で大はしゃぎした休日になりました。

そうそう、8月頃から計画をしていた海外旅行の手配が着々と進んでおります。
昨日飛行機を見たことで、また自分の旅行が楽しみに☆
旅行の真っただ中ももちろん最高に楽しいですが、準備をしている期間ってまた違った
楽しさがあって大好きです。なので、半年も前から計画を進めておりました(笑)

良い席がすぐになくなってしまうショーのいくつかは、既に手配を済ませました。
まだ2ヵ月も先のことですが、毎日指折り数えて過ごしています。
楽しみが先にあるので、仕事もしっかりと頑張れそうです☆

cirque

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

| HOME | Next

Design by mi104c.
Copyright © 2017 FROM TARO..., All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。